皆さんは玄関の鍵をまじまじと確認しながら使用されることなどありますか?入居したての家であったり、鍵を取替えたばかりのような状態であれば、鍵穴を確認することもあるでしょう。しかし、その鍵を使用してかなりの年月が経っていれば、そんなの確認せずとも手が勝手に鍵をさして、勝手にその鍵が開くという状態になっているはずです。そのため、私もここ数年間、鍵穴など全く確認せずに使用していました。でも、そんな確認せずに使う鍵でも起こり得ることが無いであろう、あるとんでもないことを起こしていたことに気がついたのです。それは鍵が折れて鍵穴に半分残っていたことに気づかず、半分の鍵でそのまま使っていたということです。これに気がついたときは、私ってなんてウッカリなんだろうかと思ってしまいました。

鍵が折れているのに気がつかない人間が居るのかと、疑問に思われる方もいるでしょう。よくできた、いわゆる「ネタ」という作り話の類であると疑われてもおかしくありません。ですが、私の場合は本当に天然ボケのように、この折れた鍵を使って玄関を開けていました。こんなことをしてしまうのは私だけかもしれませんが、当の私自身からしてみると、これが意外と気がつかないものなんです。

ただ、百歩譲って鍵が折れたことに気がつかないとしても、折れた鍵で鍵穴を回すことができるのだろうかと思われることでしょう。これも意外と回るもので、おそらく折れて中に刺さったままの鍵がすでにシリンダーの鍵穴に合致しており、反対の私が持っていた方の鍵も刺すとシリンダーの鍵穴に合致することから、何も問題なく解錠ができたのだと思います。

この折れた鍵をそのままの状態で使用ていたトラブルが起こってからというもの、毎日鍵をかけるときと開ける時は必ずその鍵穴をチェックするようにしています。もう二度と鍵が折れたままで使用しているというような、おバカな真似はしたくないですからね。