玄関は人の出入りが行われる場所であり、それゆえに勝手に家の中に上がり込んでくる侵入者もそこから入るので、家の中で最も危険な場所であると思います。そんな危険な場所である玄関を守ってくれるのが玄関の「鍵」でありますが、この鍵も十分に注意をしておかなければ、思わぬ危険に遭遇してしまうことになります。そう、私もその「鍵」を中心としたとても怖い体験、そして間一髪で安全を取り戻すという体験をした一人だからです。

具体的にどのような恐怖体験をしたのかと言いますと、合鍵を勝手に作られていたということでした。淡々と書いていますが、これってかなり怖いことです。本来部外者を入れないために作られている鍵なのに、その鍵を部外者の一人が持っているという状況ですから。それはつまり自宅に私や私の家屋に危害を加える可能性のある人間が勝手に入ることができるということになります。これ以上の恐怖があるでしょうか。

その合鍵を勝手に作っていたのは、なんと普段から親交のあったご近所さんのAさん。そのAさんをいつものように我が家に招いた時、不注意で持っていた鍵を落としたところ、どうも私の家の鍵と似ているということを直感的に察知しました。そのため、慌ててその日の内に鍵屋さんを呼んで鍵を交換。その合鍵を使えないような状況にしておきました。

そして数日後、私の家の前でAさんが以前の鍵の合鍵を使用しようとして、必死になっているところを近所の人が見かけて通報。そのまま御用となりました。この話を聞いたときに「やはりか」と思ったと同時に、あの時あの合鍵の存在に気づいたこと、そして鍵を交換したことは私的にとても良い判断だったと思います。あの気づきがなければ今頃はAさんに勝手に侵入されて、家の中を好き放題物色されていたことでしょう。なんとか事なきを得たから良かったものの、これがもし合鍵の存在に気づいていなかったらと思うととても怖いですね。